クレジットカードの審査に通るには?

クレジットカード会社は、カード申請者の返済能力に問題がないかを見極めるため、カードの発行前に必ず審査を行います。
審査に通らなければ、いくら希望してもクレジットカードの発行を行って貰えません。

クレジットカードの申請を行う前に、クレジットカード会社がどのような基準で審査をするのかを知っておくことが大切です。
それと、自分にとって使い勝手のいいクレジットカードを選ぶことも大切です。

審査に落ちると、その「審査に落ちた」という記録は「個人信用情報機関」に半年間は残されます。
その情報は他のクレジットカード会社にも共有されるので、一度審査に落ちると、半年間は他のクレジットカード会社の審査にも通りにくくなります。

まず、クレジットカードを複数枚持っていると、新しくクレジットカードの申請を行っても通りにくいです。
使っていないクレジットカードがある場合には、申請前に解約しておいた方がいいです。

また、審査では、勤務先や仕事内容、勤続年数、ローンの状況などを調べます。
あと、奨学金や携帯電話料金の支払い状況も審査の対象です。

勤務先は直ぐに変えれないですが、奨学金や携帯電話料金の支払いが遅延しないように普段から注意しておくことも大切です。

クレジットカードを発行すると、様々な特典が付くことも良くあります。
ただ、特典を目当てに見境なしにクレジットカードの発行を行っていると、審査に通りにくいです。
いくら特典が魅力的でも、必要のないクレジットカードの発行まで行わないようにしましょう!

基本的に、毎月収入が安定している方は審査に通り易いです。
また、家や車、土地などの財産をお持ちの方も審査に通りやすくなります。

クレジットカードカード会社によって審査の基準は異なりますし、審査の通り易さにも違いがあります。
どこの会社の審査が通り易いかも調べて申し込むことも大切です。

流通業界やECサイトなどが発行するクレジットカードは比較的審査に通り易いですし、
銀行が発行するクレジットカードは審査が厳しくなる傾向にあります。

カード会社だけでなく、業界も調べることが重要になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です