クレジットカードの審査に通るには?

クレジットカード会社は、カード申請者の返済能力に問題がないかを見極めるため、カードの発行前に必ず審査を行います。
審査に通らなければ、いくら希望してもクレジットカードの発行を行って貰えません。

クレジットカードの申請を行う前に、クレジットカード会社がどのような基準で審査をするのかを知っておくことが大切です。
それと、自分にとって使い勝手のいいクレジットカードを選ぶことも大切です。

審査に落ちると、その「審査に落ちた」という記録は「個人信用情報機関」に半年間は残されます。
その情報は他のクレジットカード会社にも共有されるので、一度審査に落ちると、半年間は他のクレジットカード会社の審査にも通りにくくなります。

まず、クレジットカードを複数枚持っていると、新しくクレジットカードの申請を行っても通りにくいです。
使っていないクレジットカードがある場合には、申請前に解約しておいた方がいいです。

また、審査では、勤務先や仕事内容、勤続年数、ローンの状況などを調べます。
あと、奨学金や携帯電話料金の支払い状況も審査の対象です。

勤務先は直ぐに変えれないですが、奨学金や携帯電話料金の支払いが遅延しないように普段から注意しておくことも大切です。

クレジットカードを発行すると、様々な特典が付くことも良くあります。
ただ、特典を目当てに見境なしにクレジットカードの発行を行っていると、審査に通りにくいです。
いくら特典が魅力的でも、必要のないクレジットカードの発行まで行わないようにしましょう!

基本的に、毎月収入が安定している方は審査に通り易いです。
また、家や車、土地などの財産をお持ちの方も審査に通りやすくなります。

クレジットカードカード会社によって審査の基準は異なりますし、審査の通り易さにも違いがあります。
どこの会社の審査が通り易いかも調べて申し込むことも大切です。

流通業界やECサイトなどが発行するクレジットカードは比較的審査に通り易いですし、
銀行が発行するクレジットカードは審査が厳しくなる傾向にあります。

カード会社だけでなく、業界も調べることが重要になります!

クレジットカードの申請前に知っておくこと!

最近は、クレジットカードの利用者も増えてきており、今や1枚は持っているのが当たり前の時代になってきました。

もちろん、一人で多くのクレジットカードを所有している方もいますし、学生や主婦の方も当たり前に利用する時代になってきています。

携帯電話やインターネットなどの通信費もクレジットカードで支払っている方もいますし、
日用品やちょっとした買い物にまでクレジットカードを利用される方も多くいます。

クレジットカードの便利な点は、財布に現金が入っていなくてもショッピング出来るというところです。
現金を持ち歩かなくても済むので、煩わしい小銭のやり取りもいらなくなります。

クレジットカードの人気の一番の理由は、ポイントを貯めれることにあります。
貯まったポイントお買い物をしたり、商品や電子マネーと交換したり、最近ではマイルと交換できるクレジットカードもあります。

クレジットカードの申し込みには、必ず必要となるものがいくつかあります。
申し込む前には何が必要なのかも事前に調べて準備しておくことも大切です。

クレジットカードの申し込みには、本人確認の為の書類は必ず必要になります。
運転免許証やパスポートを利用される方が多いです。

また、現住所と本人確認書類に記載されいる住所が異なっている場合には、住民票が必要になることもあります。

クレジットカード会社は、申請された書類から、申請者の信用度を判断します。
当然ですが、信用できないと判断されれば審査に通らないので、クレジットカードを作成することはできません。

・安定した収入が毎月あるか?
・借金の返済でトラブルを起こしていないか?
・奨学金や携帯電話料金などの支払いが滞っていないか?
など、様々な点を審査するので注意しましょう!

お金があっても、日頃から料金の支払いが遅れがちの方もいます。
面倒でも必ず期日までに支払うように心掛けておくことも大切です。